新着情報

◆2016/11/22
うつ病は抗うつ剤で治ります。の情報を更新しました。
◆2016/11/21
抗うつ剤はすぐには効果が現れませんを新規投稿しました。
◆2016/11/21
抗うつ剤の体への効果についてを新規投稿しました。
◆2016/11/21
抗うつ剤には相性があるのでを新規投稿しました。
◆2016/11/21
うつの薬物治療についてを新規投稿しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

うつ病は抗うつ剤で治ります。

no_image

うつ病は現代の病気として多くの人が発症しています。ストレスや様々なことが関係して、うつ病を発症して苦しんでいる人は増えて

抗うつ剤はすぐには効果が現れません

no_image

薬の効果は飲み始めてからすぐにでも感じたいと思う人は大半でしょう。頭痛薬等は飲んで即効性がありますので、すぐにでも効果が

抗うつ剤の体への効果について

no_image

抗うつ剤を使用してうつ病の治療をする人は増えています。しかし適切な根拠を知った上で治療を受けなければ、せっかくの治療の効

うつ病は抗うつ剤で治ります。

うつ病は現代の病気として多くの人が発症しています。ストレスや様々なことが関係して、うつ病を発症して苦しんでいる人は増えています。うつ病にかかったら一番の治療法は薬を使った治療を受けることですからしっかりと治療を受けましょう。

■抗うつ剤とは?

鬱のきっかけは?

うつ病の治療に使用される薬は抗うつ剤と言われています。抗うつ剤はうつの症状に対して治療する医療法です。一番一般的な治療法として薬を飲んで治療します。心療内科や精神科、神経科等へ行くとうつ病と診断された人の9割以上の人が薬を使った治療をしていくことになります。抗うつ剤を使用するのが一般的です。症状の表れ方によって薬の処方が違っていますが、例えばセロトニンを補うための薬やレメロン等が処方されます。それにプラスして抗不安剤、向精神薬等も一緒に処方されることが一般的です。ですが、薬を飲めば風邪薬のように、すぐn効果があり寝ていれば治るというような簡単に治療出来る病気ではないので、薬を飲み始めてからもしばらくはうつ病と付き合って行かなくてはいけないでしょう。

■薬の相性について

鬱は自覚できるのか?

薬といっても相性がありますので、その相性が合えばすぐに効果が現れてきて改善されるかもしれません。抗うつ剤を使用する場合にはそれぞれ自分が今現れている症状、体質と相性がどのようになっているのか、抗うつ剤は誰にでも同じ効果を発揮してくれるわけではなくて、効かない人もいるのです。特定の抗うつ剤を使用すると副作用が出てしまう人もいるので、誰でも同じように効果があるわけではありません。うつ病と自分の薬が相性が合うのかどうか、それは使ってみて判断することになります。もし試して効果が無かった場合にはほかの薬を使用する等して治療を進めていくのです。

■副作用がない薬もある

最近は抗うつ剤や向精神薬も進化していますので、副作用がほとんど起きない薬等も開発されています。そして万人受けするように高い確率で効果が出るような仕組みを設けているところもありますので、薬の選び方によってはすぐに適合することもあります。しかしそれでも副作用が現れてしまうこともありますし、効果が現れないことがあることは事実であり、それが誰に起きるかはわかりません。副作用があまりにもひどく、日常生活に支障をきたしてしまう場合には医師に相談をしてみましょう。他にもうつの薬は色々とありますので、きっと変えてくれるはずです。

■効果は即効性はない

鬱とはどんな症状なのか
うつ病の治療薬は、どの薬も共通して言えることがあります。それはすぐに薬の効果がないという点です。うつ病の代表的な薬には、レメロンも含まれますがこれらはすぐに効果がありませんから、飲んでも即効性を感じず、効いていないのではないかと思ってしまうことも多いでしょう。抗うつ薬の成分が体の中に蓄積され、そして脳の中の神経伝達物質の分泌に影響を与えるまでには時間がかかるのです。そして最終的に十分なうつ病の治療に必要な効果を発揮させるためには平均すると2週間から3週間は時間が掛かってしまうということになるのです。まずは服用をし始めてから 1週間程度で効果があるかどうかを確かめて、効果が無かったら、効果が出るものに変えてもらわなければいけません。抗うつ剤を服用するとなれば最初に体質や今現れている相性を確認しなければいけないのです。すぐに即効性がありませんので諦めてしまいがちですが、諦めずにしばらくは飲み続ける必要があるのです。